2017年06月01日

太陽の家〜白に刻まれていくfelica〜 三和建設工業株式会社 甲村伊津己

016-SWK20161114_mini.jpg  優しくて楽しいパパ、太陽のようなママと元気いっぱいな
 子供達の愉快で幸福な日々が、外観、内観の白い壁に
 いつまでも刻まれていくように願いを込めた家です。

  地松丸太、八寸の大黒柱、六寸の通し柱をはじめ素材は
 家族全員で市場で決めたものを、心を込めて一本ずつ
 職人が手刻みしましまた。

  高気密・高断熱のこの家の屋根には、10キロの太陽光
 パネルを載せ、お財布にも地球にもとっても優しい家を
 目指しました。


 お友達いっぱいのご家族のために広々としたリビング・ダイニング・キッチンを鍵の手に計画しました。
リビング奥の戸襖を開ければ、日当たりの良い広縁のある八畳の和室との繋がりを持つ、大空間
となり親類の集まる行事にも対応可能なように地域の伝統に習った床の間・仏間・神棚を計画しました
IMG_2661.jpgIMG_2706.jpgIMG_2692.jpg









 収納は収納力より収納性を重視し、家族の生活スタイルをよく把握したうえで生活動線の必要な個所に配置し、
カテゴリー分類を明確し、戻しやすく片付けやすい計画にしました。

靴収納でありらがら、玄関から      玄関ホール         主寝室から廊下に抜ける
玄関収納を通ってダイニングに     左手 玄関収納         ウォークスルー収納
行く家族だけの通路でもある。       右手 リビング収納     廊下手前の姿見で全身チェック
IMG_2746.jpg
IMG_2767.jpg
IMG_2450.jpg












 内装の漆喰は、「カッコ悪いのも味になる。」と、家族全員一致団結で塗りあげました。
そして、いたるところに隠れミッキーが・・・パパさん、残念ながら正確な隠れミッキーの数を
忘れてしまいました。
CIMG1230 - コピー.JPG

      太陽の家〜白に刻まれていく〜felica〜

   建築概要   所在地      豊田市堤町
                   建築主      加藤良輔
             敷地面積     906.04u
             建築面積     137.68u
             延べ面積     227.94u
             設計・施工    三和建設工業株式会社 甲村伊津己
      


     



posted by afa-works at 04:40| 作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

長敷地の家  ZIN設計  磯部喜恵

04 - コピー.jpg

  東外観

 間口が8.5m、奥行が29mという南北に長細い敷地に建つ。

 南の隣地は2m低いので、日当たりは良く、明るく、風通しの
 いいプランを心掛けた。

 切妻の屋根には、ソーラーパネルを設置した。

  
  



01 - コピー.jpg



   北外観

  北側は道路に接している。

  アプローチの右手、北にのびている外物置の基礎は、深くして雨水槽とした。
  雨水は2階のトイレと、洗車、潅水に利用している。

  車庫上の陸梁と、アプローチの列柱の軒桁は省いた。

   







  2階ホールの東側は子供部屋         2階ホールから南を見る          2階ホールの西側は寝室   





















20 - コピー.jpg
  


  
   居間

  南の居間は冬には陽が奥まで入る。

  ケラバの出により、夏は日差しがカットされて、風通しが良く涼しい。











PA068862.JPG




           
   2階への階段

  居間より2階を見る。

  左は和室、右はDK、正面は玄関に続く。








     
      
       ■ 在来木造2階建
       ■ 延面積 181u
       ■ 長期優良住宅
       ■ 設計施工 椛蜷r ZIN設計

   
続きを読む
posted by afa-works at 17:03| 作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月31日

天窓のあるクリニック 邑(ゆう)設計室 杉原尚子


IMG_7211.jpg 1
IMG_7214.jpgIMG_7333.JPG 2
IMG_7290-2.jpg受付.jpg 3
ピクトサイン.jpg 4

 1.診察室天窓

 2.左:診察室 右:廊下間接照明

 3.左:廊下R天井 右:待合室・受付

 4.ピクトサイン


長年お世話になっている主治医の先生からのご依頼で、独立開業されるクリニックの内装デザインを担当。和菓子店からの改装だったが、既存の天窓を活かした診察室を中心にレイアウトし、各所に間接照明を設けることで、全体として自然光と人工照明を組み合せた光あふれる空間となった。患者さん、スタッフ、先生が少しでも気持ちよく過ごせる空間となっていればうれしい。

用途:クリニック(内科,糖尿病内科,内分泌内科)

所在地:名古屋市昭和区桜山町

面積:98u




posted by afa-works at 12:23| 作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする